ボランティア・青少年育成の多治見ライオンズクラブ【岐阜県多治見市】

会長挨拶

2018年~2019年度会長
古賀政男(こが まさお)

■スローガン

『変革・地域貢献』

■基本方針

多治見ライオンズクラブの良き伝統・アクティビティに感謝し、これからの事業推進に謙虚な気持ちで取り組んで参ります。
明年60周年を迎えるにあたり先輩方の築いてきた実績と歴史をしっかりと受け止め、地域貢献を通じて、ライオンズクラブをより良く知ってもらい、共感の輪を広げ、会員拡大に繋げて参ります。

■運営方針

会員増強と退会防止をクラブ全体で取り組みます。
例会出席率向上の為の、有意義な例会・楽しい例会、会員が主役の例会を心がけて参ります。

■事業方針

  1. 地域社会への貢献
  2. 地域社会への感謝の意を込めたアクティビティの実施。
    多治見市社会福祉協議会や地元金融機関との共同奉仕活動。
    薬物乱用防止教室の積極推進。
  3. 会員相互の親睦と一層の団結
  4. 街頭献血活動
    AEDを使用した救急救命講座の実施。
    薬物乱用教育認定講師資格の全会員取得。
    有意義な講師による講話。
    会員スピーチの定期的な実施。
  5. 会員増強活動と、持続可能な組織作り
  6. 地域を巻き込み、地域からクラブ事業への賛同を一層獲得出来る様に努め、クラブ情報の発信を工夫し、「奉仕のプラス循環」を目指します。
    その結果、新たなメンバーを獲得出来る様に努めます。
    明年の60周年行事の為の資金作りの為の、資金獲得活動と、経費削減。